憧れの引き締まった体を手に入れたいあなたへ!

ホーム筋肉の話筋肉痛 簡単日常トレーニング ヨガをしよう! 

             トレーニンググッズ 筋肉ニュース サイトマップ                

ニュース


★アフガニスタンにボディビルブーム。憧れのマッチョを目指す人急増、ジムも今や100件以上!

★ムキムキの筋肉を持つ体重27kgのウィペット犬。こんな犬、、、あんまりかわいくなーい。

★iPhoneも充電できちゃう人工筋肉!?そんな時代になっちゃったのかい?!

★タレント・なかやまきんに君が再び“筋肉留学”のため渡米!?今度は何を企んでるんだ?

★キムチでお通じ効果 脂肪増えずに筋肉増  一石二鳥だい。

★筑波大教授らのベンチャー企業 ロボットスーツ量産化へ起工式。えっ?筋肉のあるロボット??

★インテル、ロナウジーニョ獲得に参戦か ミラン移籍報道で、、、。




 
★iPhoneも充電できちゃう人工筋肉?!
 
 

「iPod」を充電可能で、しかも自己回復機能を持つ人工筋肉?冗談のような話だけど、本当の話。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の研究者たちは、そんな電気筋肉の開発に成功したそうです。Discovery Newsによると、将来的には、歩行ロボットの開発や高度な補綴学に用いられる可能性があるといわれています。 科学雑誌「Advanced Materials」の1月号に論文を掲載したUCLAの科学者、Qibing Pei氏は、電極にカーボンナノチューブを利用して本物のような人工筋肉を自分たちの研究チームが開発したことを発表しました。金属系フィルムを用いた他の人工筋肉とは異なり、Pei氏らが開発した人工筋肉は、電気を加えると、障害を発生することなく筋肉を200%拡張できるという。加圧下ではカーボンナノチューブは停止し、障害が他の部分の筋肉に拡散することを防ぐという。これにより動作の継続が可能となると科学者らは述べている。

 この人工筋肉はエネルギー効率も特徴で70%のエネルギー消費を節約できるという。
この電流は「iPhone」など他の電子機器にも用いることができ、海洋波を生み出すこともできる。Discoveryによると、同じアイディアを利用して海洋波で充電に成功した日本の科学者もいるという。



 

他のニュース|トップ

 
★筑波大教授らのベンチャー企業 えっ?筋肉のあるロボット?
 
 

■高齢・障害者の歩行補助

 体に装着して手足の動きをモーターで補助し、高齢者の歩行などを可能にするロボットスーツ「HAL」の量産化に向け、開発者である筑波大の山海嘉之教授らが設立したベンチャー企業サイバーダインの研究開発センター起工式が16日、茨城県つくば市内で開かれた。

 センターは同社の研究・生産の拠点として9月末に完成し、10月に稼働予定。当面は年間400〜500着を生産し、数年で数万着規模まで広げる計画。大手住宅メーカーの大和ハウス工業(大阪市)と提携し病院などの施設を中心にレンタル用に販売する方針。

 維持費を含むレンタル料は、両足タイプの場合で施設向け月20万円以内、個人向け月10万円以内に抑える予定。事前の受け付けでは、筋肉が萎縮(いしゅく)する筋ジストロフィーの患者ら数百人から問い合わせがあったという。HALは、脳から伝わる電気信号を皮膚表面に付けたセンサーで読み取り、モーターで体を動かす補助をする。高齢者や障害がある人の歩行補助、重労働者の負担削減などが期待されている。山海教授は「世界への展開も進めていきたい」と話している。


 

他のニュース|トップ

 
★インテル、ロナウジーニョ獲得に参戦か
 
 

★インテル、ロナウジーニョ獲得に参戦か ミラン移籍報道でミラノ――サッカーのスペイン1部リーグの強豪、バルセロナに所属するブラジル元代表FW、ロナウジーニョ(28)の代理人がイタリア1部リーグ(セリエA)の名門、ACミランへの同選手の移籍で大筋合意したと報じられた問題で、ミランのライバルであるインテルのモラッティ会長は15日までに、ロナウジーニョの獲得競争に参戦する考えがあることを示しました。伊テレビなどが報じたものです。

今週中に最終的な対応を固める方針。会長は、「インテルはバルサやロナウジーニョの代理人と良好な関係を保ってきた」と述べた。ミランは今後、獲得についてバルサ側と折衝する予定で、モラッティ会長の発言はロナウジーニョの移籍は確定していないとの判断を示している。 代理人は、同選手の兄弟。伊スポーツ紙、ガゼッタ・デロ・スポルト(電子版)は、ミランとの契約は2012年シーズンまでで、年俸は約800万ユーロ(約13億円)と推定していましたが、ロナウジーニョは4月初旬の練習中に筋肉を断裂し、今季残り試合への出場は絶望的となっています。同選手は今季、体調不調でプレーの切れのなさに泣き、出場試合も減っているのが現状。同選手を「夜遊びが目立つ」などと非難していたスペインのメディアでは移籍濃厚と報じていた。ロナウジーニョとバルサとの契約は2010年シーズンまでとなっています。



 

他のニュース|トップ

 
★アフガニスタンにボディビルブーム。憧れのマッチョを目指す人急増、ジムも今や100件以上!
 
 

朝日新聞の英語版(ヘラルドトリビューン)によると、いまアフガニスタンは空前のボディビルブームらしい。理由はもともとイスラムでは強いことがいいことらしい。ただ、タリバンが仕切ってたころは、ボディビルは禁止されていたが最近アメリカから帰ってきたボディビルダーがジムを始め、テレビでコマーシャルを流したところ会員が殺到、それが町全体にジムが昔は10件しかなかったのに今では100件もあるらしい。記事に写真はなかったが、ウェブを検索すると写真をいくつか見つけた。見慣れている、フィットネスジムとはだいぶ感じだがなかなか面白そう。ちょっと臭いそうだけど・・・・あ、すいません。

 

他のニュース|トップ

 
★タレント・なかやまきんに君が再び“筋肉留学”のため渡米!?今度は何を企んでるんだ?
 
 



昨年9月まで、米・ロサンゼルスに約1年間の“筋肉留学”をしていたタレント・なかやまきんに君(29)
が再び筋肉留学のため渡米することが11日、明らかになった。一番の目的はさらなる筋肉増強だが、実は、そろばん勘定も…。前回の留学で、新たなトレーニング方法のヒントをつかんだようで「画期的なトレーニングを確立して、DVDを発売したい」とやや旬ハズレ?ながら“きんに君ブートキャンプ”の開発を宣言した。全世界で1000万本以上を売り上げた“ビリーズブートキャンプ”を上回るヒットを狙い「地球上の全員にやってもらうのが夢。目指すは、売り上げ60億本です!!」とぶち上げた。ただ、具体的な内容に関しては「やった人が『スゴイ!!』というような…。『うわー』という感じになるはずです」と何ともしどろもどろ…。今回は3〜5年の長期間留学を考えているというが、無事にDVDは完成するのか?
何とも、スリリングなアドベンチャーになりそうだ。

また筋肉留学を決めたようで、嬉しいような悲しいような気分になってしまいました。まぁ、筋肉留学していなくても、日本のメディアはそこまできんに君をクローズアップするようなことはないでしょうが。ちなみに私は中山きんに君は非常に好きです。あの意味不明なギャグがたまりません。

さて、きんに君が開発予定の「きんに君ブートキャンプ」ですが、つっこみどころが満載であり、さすがきんに君と言いたいほどです。そもそもブートキャンプというのは「新兵訓練所」という意味で、最近では軍隊式トレーニングの意味として使われている単語です。ですので、きんに君の場合でしたら、ブートキャンプというよりもKYキャンプといったところでしょう。何はともあれ、きんに君の今年の活躍をみなさんもどうか温かい目で見守っていきましょう。

 

 

他のニュース|トップ

 
★キムチでお通じ効果 脂肪増えずに筋肉増
 
 


『キムチでお通じ効果  脂肪増えずに筋肉増』の見出しがでていました。そのキムチに今回お通じ、そして筋肉増の効果が実験結果により得られたそうです。今回は、どのようにしておこなわれたのでしょう?

2005年9〜12月、18〜22歳の学生37人の協力を得て、キムチを漬け込むために使うトウガラシやニンニクなどの薬味成分を1日に10グラム、鍋料理や納豆に混ぜて食してもらった。その後、2週間経過の後、検査をおこなったところ、24人(65%)は排便の量が平均23%増。そして、軟らかくなった。また、23人(62%)は体重が増加。うち21人は、体脂肪は増えずに骨量や筋肉量が増加。悪玉コレステロールは23人(62%)で減少。そのうち生活習慣病の基準値以上だった8人のうち4人は基準値以下になったとのこと。

今回の結果は2週間の調査ですが、このまま続けていくとどうなるんでしょうね?何かしらさらなる効果や結果が出てきそうな気もしますよね。注目すべきは、脂肪が増えずに筋肉量が増しているというろころ!この変化はかなりのものですよね。キムチを食べることによって、鍛えられるんでしょうか?!トウガラシ効果の燃焼のみではないということですから、燃焼時に筋肉の働きも活発になってるのかも!

 



他のニュース
|トップ

★ムキムキの筋肉を持つ体重27kgのウィペット犬

筋肉犬(左)・・・ウィペットというのはグレーハウンドとテリア種を交配させて作られた比較的新しい犬種でレースドッグとして作られ、今は扱いやすいので愛玩犬として人気が高い犬です。普通、オスでも体重は10kgに満たないものなのですが、体重27kgもある全身筋肉のようなウィペットがいました。ウェンディという名前で、飼い主にたいそうかわいがられているようです。一昔前の闘犬マンガに出てきそうな体格をしていますが、体の大きさ自体は他のウィペットとあまり変わりません。遺伝子異常があるとこのような筋肉ムキムキのウィペットができるそうですが、心臓や肺の大きさは普通のウィペットと同じぐらいで、この体でひざの上に乗りたがったりするなど行動も普通のものと変わらないそうです。

脂肪犬(右)・・・これもコラじゃない80kgある犬。もぉ、自分で歩くことすら、、、こうはなりたくなーーーい!

他のニュース|トップ

Copyright (C) 2008 Training..Fit.com. All Rights Reserved.